桜花絢爛の京都です。昨日の日曜日の暖かさでソメイヨシノは殆ど散ってしまって、あとは八重と枝垂れ桜が残るだけとなりました。

出産後退院してから中々大変な日々だったのですが、「そのうち少し楽になるよ」という皆さんの言葉どおり。ほんとここ数日、赤ちゃんが急に視野が少し広がったらしく、ベビージムに反応したりするようになって日中起きていても泣かなくなってきました。親の姿が見えないと泣きそうになっていますが、目の前にいれば結構平気で。鳴き声も腹の底からじゃなくて、少しぐずるくらいの感じに。笑うようにもなってきて、可愛い。

成長ぶりが日々めざましくて、本当に驚きます。皆さんから頂いていた洋服類、大きくてしばらく着られないと思ったけど、もう0-3ヶ月用がちょうど良くなりました。出産前に自分で作っていた産着ですが、洗濯しすぎで若干くたびれてきても、外食中に(親が)食べ物をこぼして汚れても気にしない。なんせあと2週間も着られなそうです。ほんと早いですね。

赤ちゃん用に編んでいたものもあったのですが、実際に着せてみて使えるものと使えないものが分かってきました。贈り物を編む時の参考にぜひ。

使えるもの:

  1. 靴下。手編みのほうが買ったものより断然いい。かぎ針編みは伸縮性がないため、はかせにくくて脱げやすくて難しいです。
  2. 帽子。外出にはぴったり。
  3. カーディガンなど、前開きもの。被らせるウェアは、新生児には難しいので6ヶ月サイズなどのほうが無難かと思います。

使いにくいもの:

  1. 上記同様、被らせるタイプのセーター
  2. 脚とボディが一体になっているもの。おむつ替えができないと気付き。
  3. ブランケット。ともかくミルクを吐いたり洗濯が頻繁なので、ブランケットなら新生児用ではなくてもう少し大きくなってから寝るときに使うものが良さそう

これから暑くなっていくので、何を編んであげようか思案中です。隙間時間にしか編めないので中々進みませんが、日々カタツムリの歩みで編んでます。

仕事へはぼちぼち復帰しました。皆さんまたUstなどでお会いしましょう。ではまた次回!