DSC_0914

Finished knitting Little Wave cardigan by Gudrun Johnston. Raveled here.

I love this cardigan so much that I’m already wearing it (I need to block it though). Gudrun is such a talented designer – this is surely going to be one of my most favorite projects ever. Now I need to find perfect buttons.

All my hard work in the last 3 weeks has paid off. It’s still not warm enough, so I can wear it for a few more weeks.

 

トクコさんがリトリートのサンプルを編んでくれているのを横目に、やっと完成しました。amirisuでも何度も仕事をしている、GudrunデザインのLittle Waveというカーディガンです。(Ravelryはこちら)
まだ肌寒い春にジャケット代わりに羽織るのにぴったり。頑張って編んだ甲斐あり、なんとかあと数週間は着れそうです。まだ仕上げの水通ししていないのですが、既に羽織ってます。あとはボタンを探さないと。

 

仕上げ、裾〜襟〜裾までのI-Cord Bind Offに何時間もかかり、その間に映画を2本くらい観ちゃいました。I-Cord Bind Offは日本にはない伏せ目の技法で、伏せ目の部分がしっかりして丈夫になる一方、1目を伏せるのに3目編まなくてはいけないという、試練の技法です。大変なんだけど、こういった機械編みにはない技法が詰まったデザインって、編んでいて本当に楽しいです。
このカーディガンも殆ど綴じはぎがなく、全部ひと続きに編んでいます。編み地をジョキジョキ裁断して、ミシンで解れないように縫い合わせるという既製服の制作過程がとても乱暴なものに思える。やっぱり手編みって面白い。

 

考えてみたら、先週から色々ドラマや映画を観たので、その時間ずっと編んでたってことですね。
雑誌のサイクルのなかで、今が一番時間がある時なので、少し羽を伸ばしてしまいました。観たもの:

 

Sherlockのシーズン3
相変わらず面白かったけど、ちょっと主観的というか哲学的というか、モノローグが多かったシーズンだったなと思います。シャーロックの意外な一面も見れて、それはそれで良かったけど。っていうか、どうやって生きていたのかが見物でしょう。

 

Game of Thronesのシーズン3
仮想のイギリスみたいな国を舞台にした、ヨーロッパ中世版戦国バトル、というような人気ドラマ。ほんっとに面白いんですが、たぶん視聴者が一番思い入れを持って見ている主役(だと思われる)ファミリーが、シーズンを追うごとに悲惨な状況になってきて、なぜか悪役っぽい人たちが全然死なないという、とても苦しい状況が続いています。とにかく悪役だらけのドラマです。どの役者もあっぱれな悪役ぶりで、それが快感、と言えないこともない。

 

アレキサンドリア
いつか見ようと思って去年録画していた映画の1つ(下の2つも)。ローマ時代、アレキサンドリアで活躍した女性の哲学者が主人公なのですが、かなり壮絶な話でした。とても面白かったけど、宗教というものがちょっと嫌いになる、そんな映画です。きっとかなりリアルな状況描写なのではないかと思います。宗教って信仰の対象というよりは、階級闘争の道具であり、仲間を識別するための踏み絵的記号であり、やはり対立の原因でしかないのではという気がしてくる。

 

ドラキュラ
ブラム・ストーカーのドラキュラ。ゲーリー・オールドマン主演。きっと見たことがあったと思うものの、全然話は覚えていなかった。今改めて見てみると、表現の仕方がその後に作られたドラキュラ映画の原型になっているのではと思いました。特殊効果はチープだけど、さすがの演技です。キアヌ・リーブスの英国なまりがちょっと笑えます。

 

スイミングプール
フランソワ・オゾン監督のミステリー映画。8人の女、など見たことあったけど、スイミングプールの方が断然面白いと思いました。100%フランスの映画なのかと思っていたら、主人公はイギリス人。フランス語と英語まじりのスクリプト、イギリスをちょっと小馬鹿にしたような細部が小気味いい。最後でだいぶ頭が混乱しますが、そこがポイントなので文句言いっこなし、です。
これに出てくるイヤミな編集者の男性、どこかで見たことがあると思ったら、Game of Thronesで最高に冷徹な一家の長を演じる役者さんでした。ほんとに冷たくて、厳しくて、ずる賢くていやーな感じの役なんです。実際の人柄がどうなのか、ちょっと興味が湧いてきます。

 

久しぶりに映画のレビューブログみたいになりました。映画館では観たい映画が沢山なのに、どんどん見逃してます。トラヴァース夫人の映画も観たいな。