Jetlagged, I am.

 
I bought a bottle of Californian white at a neighborhood wine shop yesterday, and had a glass with some italian appetizers around 5PM. I fell asleep around 6, then ugh, got up at 1 am in the middle of the night.
It seems there is the West Coast time zone going on around me.
So, here are some memories from Seattle, my last stop.

 

 

時差ぼけのまっただ中。昨日は近所のお気に入りワインショップでカリフォルニアワインを買い、夕方お惣菜を食べながら一杯頂きました。
が。なんと6時過ぎに寝落ちてしまい、起きたら午前1時。。。
せっかく前日は11時まで頑張ったのに、また西海岸時間に戻ってしまいました。

そんなこんなで、まだ記憶に新しいシアトルの思い出を。
IMG_4560

When I told people about my last destination being Seattle, they asked me “are you going to visit Churchmouse, then?”
What is a church mouse?
After about the 3rd time, I realized it was a yarn shop.
I went to yarn stores many times in Portland, so I really didn’t need any more yarn, but I got curious.
Then my Seattle friend, Eileen, also told me it’s a great place to visit.
So I visited Bainsbridge, a small island across the Seattle bay.

 

 

I was astounded by the fact that this yarn store is on an island, and the only way to get there is by a ferry.
The ferry ride takes about half an hour. And it’s so famous. Why?
I got really curious.

 

 

旅の途中に色々な人と話していて、「最後はシアトルに行くんです」と言うと、「じゃあチャーチマウスに行くの?」と聞かれました。
チャーチマウス?
3度目か4度目くらいにようやく、ああ、毛糸屋さんなんだ、と分かりました。
正直、毛糸は家に沢山あるしポートランドでも何度も行ったので、わざわざ行くこともないかな、と思ったのですが、シアトルの友人にもおススメされました。
それで、興味本位に出かけてみることに。

 

 

チャーチマウスという毛糸屋さん、島にあるんです。
フェリーでしか行けないんです。
それなのにこんなに有名ってどういうこと?もう好奇心一杯。

DSC_0575

Then, of course, I missed my ferry. I had to wait for the next one, which was 1 hour later.
A lady at the ferry terminal said to me, “it’s got to be a super amazing yarn store, taking a ferry all the way, and you only have a day in Seattle.”
But, the ferry rides themselves really worth it. You can see the entire skyline of Seattle on the way.

 

 

Bainsbridge turned out to be a super-cute little town. Many interesting shops and cafes are around, and the walk around the island seemed really fancy too.
Churchmouse Yarns & Tea could be the most beautiful yarn store I’d ever been to in the States. The shop looks like a boutique, rather than a craft shop. The place is full of high quality yarn, tea, and embroidery supplies.

 

 

しかも、朝イチのフェリーを(走ったのに)逃し、フェリー乗り場のオバさんにも、「シアトル1日しかいない上に、フェリーに乗ってまで行きたいなんて、よっぽどスゴい毛糸屋さんなのね。」と言われました。そうに違いない。
いずれにしろフェリーの旅はとてもステキで、シアトルも一望できるので、それだけでも価値ありでした。

 

 

そして島についてみると、なんとも小さくて素敵な街。美味しそうなカフェや可愛いお店が並んでいます。
オシャレな植木屋さんなどもあって、なるほど、おススメされるだけはあるな、と思う。
そして、チャーチマウス。
ローラアシュレイのブティックみたいな毛糸屋さんでした!
Yarn & Tea。
毛糸と紅茶と刺繍用品が所狭しと並んでいる、とってもオシャレなお店です。
店内の写真無くてごめんなさい。

DSC_0638

It seems Churchmouse is very partial to natural wooly yarns. They carry undyed yarn with various weights and shades, which I truly love.
I bought a skein of alpaca/merino in beige/white.

 

 

At the cashier, there was the cutest, most fashionable old lady talking with the shop owner.
She was wearing a blue tweeded hand-knitted sweater, perfectly fitted for her small thin figure, with a blouse in floral pattern in matching colors (blue and red and white), and a well worn pair of jeans. She seemed about 80 or could be 90 years old.

 

 

“Your sweater is truly lovely.” When I spoke to her, she showed me her newly completed cabled vest in deep red, and told me that I was also so lucky to be able to knit my own sweater. I could not agree with her more.

 

 

So, I figured, this was why I missed my ferry, so that I was able to meet this old lady.
My Seattle friend, Eileen, also said to me “see, everything happens for a reason, Meri.”

DSC_0760

オーナーや店員さんは皆年配の女性で、とっても親切。
お客様は遠くからもやってくる、常連さんばかり。
そしてもちろん、お店目指してやってくる観光客も。

 

 

手染めの糸が全盛のアメリカの毛糸マーケットにあって、ナチュラル系の品の良い素材の良い毛糸が沢山置いてあります。
わたしは太めのアルパカメリノを1カセ買いました。自然な白系の色で、帽子を編むのにピッタリかな、と思って。

 

 

そして、レジでお会計をしていると、なんともステキなおばあちゃんが!
もう80代後半に見える、わたしよりも小柄なくらいのおばあちゃん。赤いネップの入ったブルーのツイードの手編みセーターを着て、洗いざらしのジーンズを履き、襟にはビンテージっぽい(おそらく何十年も着ているからビンテージ)赤とブルーの花柄のブラウスの襟が。ビーズで手作りしたようなメガネ掛けを首にかけ、本当にオシャレだったのです。
セーターは小柄なおばあちゃんのスタイルにピッタリ。

 

 

「セーター本当にステキですね。」と声を掛けると、編み上がったばかりのアラン模様のベストを見せてくれました。
こっくりとした深い赤で、やっぱりおばあちゃんサイズ。
しかも、適度にゆとりがあるところがなんかオシャレなんです。
ほんと編物の大先輩だな。

 

 

朝フェリーを逃したのは、このおばあちゃんに会うためだったに違いない、と思ったのでした。
友人も「see, everything happens for a reason」と言っていました。

IMG_4562