子供の頃から山形の祖母が毎年紅玉を一箱、必ず送ってくれていました。

わたしにとって、リンゴといえば紅玉。実は普通のリンゴはそれほど好きではありません。甘すぎるし薄いし冷たい。甘酸っぱくて口に含むと温かい感じ、これは紅玉特有。
去年になって「そうだ、自分で箱で買えば良いんだ」ということに思い当たり、去年も今年も一箱買いました。スーパーで4つしか入っていない袋を買った時の悲しさと比べ、箱一杯のリンゴからは幸せの匂いがします。

紅玉の唯一の弱点は、旬の時期が短くてすぐ傷んでしまうこと。箱が届いたらよーいドンなのです。今年はジャムを2回作り、焼きリンゴと、今日は傷む直前ギリギリセーフでタルトタタンを。

バターとリンゴの香りがアパート中に染み付いて、この空気を保存したいくらいです。


My grandmother used to send us a box of Japanese cooking apple every year.  It’s a different kind than American cooking apple, and also different from common Japanese kinds.  This very red and small apple is my absolute favorite, and actually, I don’t like other kinds of apple that much.

After my grandmother passed away, it was only last year that I realized, I can buy a box myself.  I was so used to the idea of someone else sending me boxes of fruits, that it didn’t occur me to do it myself.
The only drawback of this apple is that it doesn’t last more than a few weeks, even being kept in a cold room.  So I made 2 kinds of apple sauce, baked with cinnamon, then baked a tarte.  My apartment now smells like heaven – butter and apple and angel.